スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

googleの真実はSEOブログではなく検索結果にある

今年、2012年の話題といえばペンギンとパンダでしょうか。

私も初めて聞いたときは「何が起こるんだ?」と興味と恐怖を覚えたものです。

そこでインターネットで色々と情報収集に励むわけですが、そこで多く見かけたのが
・「リンク」はもう関係ない。もしくは重要度が低くなった。
・コピーサイトは圏外に飛ぶ。ペナルティを受ける。
・コンテンツの無い、薄いサイトは圏外。コンテンツの充実が求められる。
・○○○○○○サイトが全滅。
などなど。

これらを見たときは私もちょっと期待しました。
一つのテーマにそって更新を続け、コンテンツを充実させてきた私のFC2ブログ。
しかし、そのテーマを代表するキーワード「A」のgoogleでの検索順位は500位以下。
そんな私のブログもこれでやっと日の目を見ることが出来るかもしれない。

しかし、現実は・・・・

何の変化も起きませんでした。
(そんな物に期待しないで、手を加えた結果はこちら

私のブログの検索順位に変化はありませんでしたが
「A」での検索結果
「A」を含む検索結果
「A」に関連する検索結果
には大きな変化がおきました。

その変化に気が付いたのは今年、2012年春ごろでした。

特に「A」を含むキーワード
「A + B」とか
「AのBが・・・」とか
「BがCだあああーーー!! A」
もちろん「A」単体での検索結果が大きく変わりました。

それまでは「A」に関する最新の話題を取り上げた場合
私のブログも比較的上位に表示されていました。
ときには1位になることも。
その中でも強いサイト、ブログがあって
「やっぱりここは強いなあ」なんて見ていたわけです。
その他もだいたいよく見るサイト、ブログが上位に表示されていました。

それが今年の春ごろから見慣れないサイト、ブログが上位に現れ始めました。
たまたま上位に表示された、なら判ります。
瞬間的に上位にランクインして時間が経てば消えていく。
たまにあるとおもいます。
しかし、それらのサイト、ブログは違います。
がっちりと上位にランクイン。
消えるどころか、「A」に関する話題をエントリーすれば必ず上位にランクイン。
そのようなサイト、ブログがいくつも現れるようになり、それは今も続いています。

それらのサイト、ブログは私から見れば、先にあげた
こんなサイト、ブログはダメになる
と言われている条件に見事に当てはまります。
ダメになるどころかますます勢いを増している感じです。

でもこれがgoogleの検索結果です。
この事実に背を向け
自分にとって気持ちのいい言葉を捜してSEOブログ巡りをし
○○ブログに書いてあったから
○○さんが言っているから
なんて考えていたのでは真実は見えてきません。

なんでこんなサイトが!
この検索エンジンは壊れてる!
この検索エンジンはクソだ!
(ちょっと懐かしいですね。)
なんて言っても意味はありませんね。

「○○○○○○サイトが全滅」したキーワードやジャンルって本当にあるんですかね?
私が普段チェックしているキーワード、ジャンルなんてたかが知れているので、是非知りたいです。
私がチェックしているキーワード、ジャンルと何が違うのか?
非常に興味があります。
そこからgoogleのアルゴリズムに一歩近づけそうな気がします。

検索結果にこそ真実が隠れていると思います。

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示
RSS

ツイッター
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
「にほんブログ村」に参加中です
CM
CM
プロフィール

メインジェット

Author:メインジェット
ネットショップの運営でかろうじて生きているわたくしメインジェット(MJ)。ここ数年は非常に厳しい状況となってきています。
不満も色々ありますがグチを言っていても何も始まりません。
何とか生きていかねば。
自前のネット通販サイトだけでなく、ドロップシッピングやアフィリエイトも加えて何とか生き残っていこうとしています。
そこで避けて通れないのはSEO。
いかにアクセスアップを果たし、売り上げにつなげて行くか。

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する
他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて興味のある広告を配信しています。

これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、
当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります
(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。

このために取得した情報は、アドセンス広告の表示においてのみ使用されるもので
当サイト管理者は取得・管理しておりません。

このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、
ここをクリックしてください。

こちらで最新のGoogle社からの詳しい説明と、一般ユーザー(ご訪問者)様が
「興味/関心に基づく広告」について設定できるページ(Ads Preferences Manager)をご覧いただけます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。