スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!が見ているTOPページとは

私が管理しているショップサイト。
Yahoo!でのインデックスを進めるためにTOPページから直接商品詳細ページへのリンクを設置しました。

変更後のクロールはBingが一番乗りで、google、Yahoo!もほどなくクロールしてくれたようです。

その後も見た目を含めてちょこちょこと変更を加えていましたが、ここでちょっと疑問が。

私がTOPページだと思っていたものはYahoo!にとってもTOPページなのか?


人が見ているのはブラウザーに表示されたページです。
そのページがこのサイトのTOPページかどうか人はどこで判断しているのか?

・アドレスを見る
このブログであれば「upseo.blog31.fc2.com/」ドメインのあとに何も表示されていなければTOPページだろう
ぐらいに思うかもしれません。

・TOP、トップページ、ホームなどのリンクをクリックする
これで表示されたページがTOPページでしょう。

・ヘッダー部分のタイトルをクリックする
これも大抵の場合TOPページにリンクされていると思います。


では検索エンジンはどこでTOPページだと判断しているんでしょうか?
単純に「index.html」、もしくはそれに準ずるファイルがTOPページ
それで問題ないように思えますが、ディレクトリを分ければ同じドメイン内に「index.html」は複数置くことができます。
アメーバブログのようにサブドメインでのサービスではそれこそ無数にTOPページが存在します。
さらに無料ブログサービスには大抵そのサービスのTOPページへのリンクが存在するはずです。
では、個々のブログのTOPページだと思っていたページはTOPページではなくて、サービスのTOPページが本当のTOPページになってしまうのか?
それもちょっと違うみたいですね。


ちょっと話はずれるかもしれませんが
ブログのサイドバーからのリンクは評価が低い
とよく言われています。

ブログのサイドバーといえばほとんどの場合どのページにも同じ物が存在ます。
ショップサイトのサイドメニューなんかも同じですね。
サイドバーだけではなくて、ヘッダー、フッターなんかもだいたい同じです。
ではTOPページと呼べるのは・・・・

などととグルグルと考えてみました。
あくまで”感じ”ですが、googleは人の感覚に近い感じでサイト、ページを認識しているように感じます。
これがYahoo!になると、どうして? どうなってんの?
って感じになることが多々ありますね。

そこで
Yahoo!はこうやって見てるんじゃないか
と自分なりに仮説をたてて今一度、ショップサイト、ブログをじっくりと見てみました。
Yahoo!検索ランキング上位のサイトから著名な方のサイトまで。

これだ!!!
なんてものは解かりませんが、ちょっと考え方を変えてみようかって気にはなりました。
正しいか間違っているかは今のところわかりません。
それよりもその仮説に基づいてサイトに手を加えるにはどうやればいいかを先に考えなければなりません。

やっぱり思うようにはいきませんな。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示
RSS

ツイッター
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
「にほんブログ村」に参加中です
CM
CM
プロフィール

メインジェット

Author:メインジェット
ネットショップの運営でかろうじて生きているわたくしメインジェット(MJ)。ここ数年は非常に厳しい状況となってきています。
不満も色々ありますがグチを言っていても何も始まりません。
何とか生きていかねば。
自前のネット通販サイトだけでなく、ドロップシッピングやアフィリエイトも加えて何とか生き残っていこうとしています。
そこで避けて通れないのはSEO。
いかにアクセスアップを果たし、売り上げにつなげて行くか。

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する
他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて興味のある広告を配信しています。

これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、
当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります
(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。

このために取得した情報は、アドセンス広告の表示においてのみ使用されるもので
当サイト管理者は取得・管理しておりません。

このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、
ここをクリックしてください。

こちらで最新のGoogle社からの詳しい説明と、一般ユーザー(ご訪問者)様が
「興味/関心に基づく広告」について設定できるページ(Ads Preferences Manager)をご覧いただけます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。