スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

googleウェブマスターツールに登録する

Yahoo、bingに続いて
googleウェブマスターツール
にもこのブログ(FC2ブログ)を登録してみましょう。

googleはとくにこういった操作をしなくてもどんどんクロールしてくれるし、インデックスもしてくれるのであわてて登録する必要はないでしょう。
ただサイトに問題があり、検索順位が大幅に下がったりした場合、その原因を探るためには非常に有効なので是非登録しておきましょう。

googleウェブマスターツールにログイン
アカウントが必要なのでgoogleアカウントを持っていない場合は新しく作ります。

「サイトを追加」をクリック。
サイトアドレスを入力(ペースト)します。

今回もサイト認証用のメタタグをコピー。
FC2ブログの管理画面にログイン。
「テンプレートの設定」でメタタグをペースト。
忘れずに「更新」をクリックします。

googleウェブマスターツールに戻り「確認」をクリック。

次にサイトマップを登録します。
登録したサイトURLが表示されていますのでクリック。
右下にある「サイトマップを送信する」をクリック。
「サイトマップを送信する」ボタンをクリック。
サイトのルートアドレスが表示されますのでサイトマップのファイル名、FC2ブログの場合「sitemaps.xml」を入力するだけで大丈夫です。
「サイトマップを送信」をクリックして終了です。


こういったツールでチェックした方がいいのは「クロールエラー」です。
googleの場合「サイトマップ」にエラーがでると検索順位が下がる場合があります。
あくまで私が管理しているサイトでの話ですが。

サイトマップにエラーが出るのは
・サイトマップ自体に問題がある
・クローラーが来たときに上手く読み込めなかった
などなど

・サイトマップ自体に問題がある場合

サイトマップを作る際、何らかのサービスやソフトを使うことになると思いますがそれなりに信頼できるものを使うようにしましょう。
ありもしないページを記述してしまったり、全てのページを拾ってくれない物がたまにあるようです。
私は「xml-sitemaps.com」を使っています。
ただし、ページ数の上限が「500」までなので大きさなサイトでは使えません。

FC2ブログの場合は自動でサイトマップファイルを作ってくれますのでまず問題は無いと思います。
仮に問題があってもユーザー側では対応できません。

FC2ブログを登録する際にありがちなのがファイル名の間違い。
Yahoo!検索 サイトエクスプローラーにブログを登録
にも書きましたが
ほとんどの場合サイトマップファイルは
「sitemap.xml」ですが、FC2ブログの場合は
「sitemaps.xml」ですので気をつけてください。

ブログではあまりないと思いますが、サイト上のディレクトリやファイルを削除した後、サイトマップを更新しないでいると
「アクセスできません」とか「クロールを完了できませんでした」とエラーが出てしまいます。
このエラーを放っておくとgoogleはサイトの評価を下げてしまい、検索順位も下がってしまうようです。


・クローラーが来たときに上手く読み込めなかった

レンタルブログなどの場合はユーザー側では対応できません。

サーバーを借りて運用している場合、CGIやPHPなどを走らせていて処理が重い場合などは見直す必要があるかもしれません。
サーバー自体が重い場合は・・・難しいですね。
あきらめるか、サーバーの移転を考えた方がいいかもしれません。

コメント

非公開コメント

RSSリンクの表示
RSS

ツイッター
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
「にほんブログ村」に参加中です
CM
CM
プロフィール

メインジェット

Author:メインジェット
ネットショップの運営でかろうじて生きているわたくしメインジェット(MJ)。ここ数年は非常に厳しい状況となってきています。
不満も色々ありますがグチを言っていても何も始まりません。
何とか生きていかねば。
自前のネット通販サイトだけでなく、ドロップシッピングやアフィリエイトも加えて何とか生き残っていこうとしています。
そこで避けて通れないのはSEO。
いかにアクセスアップを果たし、売り上げにつなげて行くか。

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する
他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて興味のある広告を配信しています。

これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、
当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります
(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。

このために取得した情報は、アドセンス広告の表示においてのみ使用されるもので
当サイト管理者は取得・管理しておりません。

このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、
ここをクリックしてください。

こちらで最新のGoogle社からの詳しい説明と、一般ユーザー(ご訪問者)様が
「興味/関心に基づく広告」について設定できるページ(Ads Preferences Manager)をご覧いただけます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。