スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!のインデックス数減はよくあること でした

前回
Yahoo!に変化。キャッシュ更新そしてインデックス数大幅減
と書きましたが、インデックス数は翌日にはサクッと戻っていました。

結局、よくあること
ってことみたいです。
あわてておかしなことはしない方が無難ですね。

しかし、いつもチェックしているキーワード検索は順位が結構動いているみたいです。
自分のサイトもそうですが、それ以外のサイトも数時間ごとに順位が入れ替わっています。
朝、昼、晩で違う検索順位になっていますので、結構不安になってきますね。
スコーンと飛ばされるんじゃないかと・・・・

その一方で、あたらに上位表示を目指している「A+C」で検索結果にでてくるようになりました。
Yahoo!で圏外(100位以下)だったのもが、78位にようやく出てきました。
まあ第一歩としてはこんなもんでしょう。
じわじわ上げていけるかな?

スポンサーサイト

Yahoo!に変化。キャッシュ更新そしてインデックス数大幅減

いつものショップサイトは、一週間ほど前に3位を記録してから12~13位へと、2ページ目に落ちてしまいました。

自分のサイトが落ちたのか、回りのサイトが上がったのかも解かりません。

今まで「A+B」で検索結果の上位表示を目指してきましたが、現在「A+C」でも上位を目指しています。
そのせいもあるのかもしれません。
できればどちらでも検索上位に現れて欲しいのですが・・・・

昨日チェックしたところキャッシュの内容が新しくなっていました。
それでも2個前(?)といった感じ。
最新ではないですね。

そして先ほど、Yahoo!サイトエクスプローラーを確認したところインデックスが大幅に減っていました。
700近くあったのですが、現在は160ほどです。
「site:」でも調べてみましたがだいたい同じ160ぐらいでした。

英Yahoo!では目立った変化はないようです。

心配になっていくつかライバルサイト(勝手に思っているだけです)を調べたところ同じくインデックス数が減っているサイトがいくつかありました。

自分が管理している全然関係無いサイト、ブログでもインデックス数が減っている物があります。
このブログのインデックス数も減っています。
このブログに限っていえば、カテゴリー、月刊アーカイブといったページがだいぶ消えているようです。
全部ではなくいくつかは残っている、そんな感じになっています。
サイト年齢の若いものほど顕著に変化しているような気がします。

少し調べてみたところ
こういたことはよくあること
みたいです。

Yahoo!でインデックスの更新でも始まるのでしょうか?

また数日様子を見ることにします。

キーワードによってアルゴリズム、フィルターは違うのか?

随分前から思っていたこと。
キーワードによって検索エンジンのアルゴリズム、スパムフィルターなどに違いがあるんじゃないか?

とは言っても、キーワードごとにまったく別の物を使用している、なんてことは多分無いと思います。
数多くある評価ポイントの重み付けが違うんじゃないかと。
もしくは、スパムフィルターの効き具合に差があるんじゃないかと思っていました。
いまも少し思っています。

先日のエントリー
SEOマスターの主張と自分の経験に違いがあるのは何故か?
とも少し関係していると部分です。
世間で言われていることと自分の周りで起きていることが、どうもあまり一致しないことが多いのでそんな風に考えてしまいます。

で、こちら
どうしてマイクロソフトの「Office」はそんなにも高いのか、Bingに聞いてみた

面白いですね。
単純に検索エンジンとしての性能の差なのか、それとも検索結果に人の意思が働いているのか。

無数にあるキーワードそれぞれに別のアルゴリズムが用意されているなんてことは無いと思います。
ただ、Yahooやgoogle、SEOといったキーワードや、アドセンスで人気のあるキーワードには他のキーワードとは違った物指しが当てられているような気がしないでもありません。

他にも、無料ブログフィルターとか、Wordpressフィルターとか色々言われています。
ただこれも私の経験とは微妙に食い違うことが多く、全てをそのまま受け入れるわけにもいきません。

「自分がこうやったら、こうなった。だからこうだ!!」なんて言えるほど単純じゃないですよね。
そもそもまったく同じ条件を用意することが非常に難しいです。
例えば、同じ無料ブログサービスで同じテンプレートを使ってもサーバーが違っていたりします。

専門でやっている方や企業であれば、それこそ数百のサンプル、実験用サイトを持っているかもしれませんが、私のような個人の場合はなかなかそうも行きません。


私の場合、ネットショップオーナーとしてのSEO対策が基本です。
最近は、アフィリエイトなどにも手を出していますが、基本はネットショップの運営が本業です。
日々のアクセス数は大事ですし、それにはキーワード検索での上位表示は欠かせません。
でもそのことだけにどっぷり浸かっているわにはいかないのも事実です。
本当に大事なのは売り上げ、儲けですから。

Yahoo!のキャッシュと検索順位

今朝のショップサイトの順位です
20100511_101

検索順位チェックツールGRCではしばらくBingのデータが出てきませんでしたが、ようやく出るようになったみたいです。

ちなみに本日の夕方、ブラウザーで順位チェックするとBingは20位ぐらい。
急に落ちたみたいです。

Yahoo!がさらに上がって3位です。各ブラウザーでも3位。

ここで気になっているのがYahoo!のキャッシュの中身。

キャッシュの状態を整理すると
1.サイトに手を加える
2.Yahoo!のキャッシュが手を加えたものに変わる
3.順位上昇(9位)
4.数日後、キャッシュが古いものに戻る
5.Yahoo!アップデート
6.キャッシュは古いまま
7.さらに順位アップ
8.キャッシュは古いまま
となっています。

Yahoo!アップデート直前になるとキャッシュが古いものに戻る現象はよく聞いていました。
実際今回もキャッシュが古いデータに戻った直後にアップデートが行われました。

問題は
現在の順位は、この古い(手を加える前の)データによるものなのか
ということ。
もうしそうなら問題です。

なぜなら
・手を加えたこと、変更点は順位の上昇、サイトの評価にまったく関係ない
・順位が上がった理由がまったく解からない
となってしまう。

Yahoo!のウェブ検索ヘルプでキャッシュについて調べてみる
「現在、キャッシュを表示するサービスは、Yahoo! Inc.(英語)が管理、運営するロボット型全文検索サービスによって提供されています。 」とあります。

そこでYahoo! Inc.(英語)で検索してみると、キャッシュの中身は日Yahoo!と同じ古いものでした。

検索結果にはすこし違いが見られます。
自サイトの検索順位がすこし低い。
そして、日Yahoo!には出てこない、すこし「?」なサイトがいくつか上位表示されています。

さらに日Yahoo!と英語版Yahoo!の検索結果をよーく比べてみたところ、スニペットに違いがあることに気が付きました。

日Yahoo!
キャッシュの内容は古いものですが、スニペットの内容は明らかにサイト変更後のものです。
サイトタイトルは「titleタグ」で指定したものです。

Yahoo! Inc.(英語)
こちらも、キャッシュの内容は古いもので、スニペットの内容は明らかにサイト変更後のものでした。
そして、面白いのがサイトタイトルが「titleタグ」で指定した物ではないんです。
このタイトルもサイト変更後のデータ(?)だと解かるものになっていました。
これがちょっと不思議。タイトルタグじゃないんですね。
何故こうなっているのかは全然わかりません。


とりあえず、なんとなくですが、
現在のサイトの評価は、キャッシュの内容だけで決定されている訳ではない
ってことが解かったような気がします。

まあ、相変わらず”答えは無い”状態なんですけど。

検索順位がブラウザによって違うのは何故かをもう少し考えてみる

ブラウザーの違いによる検索順位の違いが凄すぎる
でコメントをいただきました。

「最近のブラウザと検索エンジンはその人の検索結果を勉強するからです 」

そのまま読んでもいいのか?
前回エントリーした
SEOマスターの主張と自分の経験に違いがあるのは何故か?
の「3.」に当てはまるかと思います。

ブラウザには様々な遍歴、キャッシュが残されます。
この影響で検索結果が違ってくる、とうのは随分前から言われていました。
また、使っているパソコン(個人別)によっても検索結果が違うのも以前から報告されています。

このことを指摘しているのか。

それにしても今回、私のショップサイトが「IE+google」で1位で表示されるのは驚きです。
これをそのままコメントの説明に当てはめていいものか?

いくつか疑問点を挙げてみると、
・普段、IEでは検索していない。
・普段使っている他のブラウザ、Firefox、chromeではこうはならない。
・普段検索してる他の自分のサイト、キーワードではこうはならない。
・「IE+google」の組み合わせでしか起こらない。

さらに、普段からチェックしているライバルサイトが
「Firefox+google」だと6位だが、「IE+google」だと27位

もう一つのライバルサイトは、どちらも26位

私のサイトがひいき目の順位で表示されるのはなんとなく理解できますが、それにしても1位になるのは何故なのか?
他の自分のサイトが1位で表示されないのは何故なのか?
表示回数だけで言えば自分のサイトと遜色ない、チェックサイトの順位が低く表示されるのは何故なのか?

正直この問題を深く掘り下げてもあまり意味がないとは思います。(笑)

ただ、気をつけることとして
自分のパソコンでチェックしている順位が、他の大勢のユーザーと同じとは限らない
ことは理解しておく必要があります。
さらに、条件によってはささいな順位の違いではなく、20~30位近くも違った検索結果になる場合もある

検索順位チェックツールGRC」のようなツールを使えば、よりニュートラルな順位が確認できるそうですが、ツールで高順位であったとしてもほとんどのユーザーはブラウザ上から検索した結果を見ているわけですから、その順位が違っていては問題です。

SEO対策を進める上で、ニュートラルな順位を把握しておくことは必要だと思います。
その上で自分が使っている以外のパソコンやブラウザでどのように表示されているかを確認することも必要だと思います。
お友達や、インターネットカフェ、PCショップなどのパソコンでもたまには検索結果を確認してみることは必要かと思います。

SEOマスターの主張と自分の経験に違いがあるのは何故か?

Yahoo!の順位もすこし落ち着いてきたでしょうか。

私のショップサイトは現在
google 23位
Yahoo! 8位
Bing  17位
となっています。

Yahoo!のインデックス数も現在は約700にまで増えました。

「こうじゃないか?」と考えて、サイトに手を加えました。
変更後のサイトがクロール、キャッシュされた後、Yhaoo!、Bingでの順位が上がりました。
その数日後、Yahoo!インデックスアップデートが行われましたが今のところ圏外に飛ばされることもないようです。

この状況で私は
自分の考え、行ったことは間違っていなかったみたい
ととりあえず判断しました。

しかし今回、私が自分のサイトに加えた変更は、最近「TDPの解消法」として多く言われている方法とは真逆のことでした。

また、SEOエキスパートの方のブログなどで否定的に書かれている手法に合致する部分もあります。

何故こんなことが起きるのか?
考えてみました。


1.そもそも目指している物が違いすぎる。
私のサイトは、Yahoo!キーワード検索で40位前後だったものを、8~10位に順位アップできました。
それで「成功!!」と喜んでいます。
しかし、エキスパートの方々は
そこから1位を取りにいくためのSEO
を考え、行っていると考えられます。

中にはきわどい手法をとる方もいるでしょう。
その結果のTDPかもしれません。
そんな方のTDP解消法と私の行ったことが真逆であったとしてもおかしくはないのかもしれません。

私が行った変更は、実はSEO対策でもなんでもなくて、単にサイトとしての体裁を整えただけでなのかもしれません。
まあ、それもSEO対策のひとつでしょうけど。

同じ変更を他のサイトにも加えてみましたので、そちらの結果しだいで少し解かってくるかもしれません。


2.順位アップの原因がサイト変更とは限らない
前にも書きましたが、行った内容にたいして、検索順位の結果が良すぎる気がします。

変更を加えた数日後、キャッシュの内容がサイト変更後の物になっていました。
その直後に順位アップが確認されたので、
サイトに加えた変更が正しかった!!
と思っていました。

本当にそうなのでしょうか?
結論を先に言ってしまうと、全然解かりません。

もしかすると私の気づかない、他の影響で順位がアップしたのかもしれません。

パッと思いつくのは外部リンクです。
ただ自分で確認できる範囲ではこれといった外部リンクはありません。

Yahoo!の「link:」で表示される物が全てではないとは思いますが、もし検索順位をこれだけ押し上げるぐらいのパワーをもったリンクであれば表示されてもおかしくないような気もします。


3.ブログなどに書かれていることを読み間違えている
これはダメ、これは嘘、あれはやらないよりやった方がいい、といった単純な話であれば問題はないでしょうが、少々複雑な話の場合、自分が間違って、あるいは勘違いして理解している可能性があります。


いい結果が出ても素直に喜べないのが辛いところです。
RSSリンクの表示
RSS

ツイッター
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
「にほんブログ村」に参加中です
CM
CM
プロフィール

メインジェット

Author:メインジェット
ネットショップの運営でかろうじて生きているわたくしメインジェット(MJ)。ここ数年は非常に厳しい状況となってきています。
不満も色々ありますがグチを言っていても何も始まりません。
何とか生きていかねば。
自前のネット通販サイトだけでなく、ドロップシッピングやアフィリエイトも加えて何とか生き残っていこうとしています。
そこで避けて通れないのはSEO。
いかにアクセスアップを果たし、売り上げにつなげて行くか。

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する
他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて興味のある広告を配信しています。

これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、
当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります
(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。

このために取得した情報は、アドセンス広告の表示においてのみ使用されるもので
当サイト管理者は取得・管理しておりません。

このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、
ここをクリックしてください。

こちらで最新のGoogle社からの詳しい説明と、一般ユーザー(ご訪問者)様が
「興味/関心に基づく広告」について設定できるページ(Ads Preferences Manager)をご覧いただけます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。